横浜から こんにちは 花フェルト®︎ デザイナーの和田千穂瑠です。

秋の始まりに思う事…。

春に お弁当と少しのおやつを持って

お散歩がてら 木の実拾いに

……モミジバフウ。

松かさを始め 木の実が売られたショップでは、あまり見かけ無い モミジバフウ。。

金銭的な価値が無いのだろうか。。。



コロンとした表情の中、素朴な心地よさは、格別。。。

木の実も羊毛も どちらにも

共通する点では 

命を育む大地の影響を受けた、

力強さに満ちた 自然界の恵みである事。

そんな

自然界のエネルギーが詰まったものに

囲まれる生活…想像してみるだけでも

落ち着きますね。

今の時代の速度、便利さに

逆らうようで

決して文化的とは言え無いけれど……

時の流れを

季節を渡して ゆったりと

感じられるのは 

少し幸せゆえ……。

しかし、そぅ言って

ゆったり生活に安住してもいられない。。。

ハンドメイドの世界も、

簡単に2時間ほどで完成するものが

大人気なのである。

羊毛フェルトの世界でも、

ニードルを使った羊毛フェルトが

大人気である。。。

私の主軸とする花フェルトは、

水フェルト(Wet felting)…。

とても時間を味方につける事が出来ず、

手軽さは少ない…。

どこか敬遠されがちである。。。

手間暇かける事は、

今の時代に合っていないのだろうか⁈

花フェルトの良さは

羊毛本来の温かさを利用する原理で

天然の防寒機能アイテムです。

便利な時代だからこそ

身体を冷やさない!

体温1度上げを意識して

免疫力を高める事を

意識していたい。。。

1アイテムを仕上げるには 

非日常の空間活用で

ありながら、

温かく、柔らかな時間と共に

愛情をかけて仕上げていく。。

そこに 本来の伝統技術さえも息づいている。

アンティークフェルトとか、

ビクトリアンフェルトとか……

重みのある呼称に変えてみたくなるほど。。。

さて、春にスワッグやリースを

作れる分拾って

花フェルトのバラと合わせて

秋を愛でる醍醐味を。。。

季節の光や風の移ろう 生活空間に 

また1つ木の実のスワッグが仲間入り。。。

木の実にしても、

花フェルトにしても、

時を掛けられる事は、

やはりたまらなく贅沢で、

幸せな事……。

ぜひ、私の気持ちに

賛同してくれる方、

花フェルト®︎コミュニティで

羊毛フェルトを始めてみませんか?

ちほるの部屋のインスタグラム

ちほるの部屋