庭先の緑の宝石ハーブと 羊毛で作る花フェルト フラワードール

横浜から こんにちは。

羊毛 花フェルト作家の和田 ちほるです。

庭先のハーブが育つ度に 自然の恵みに惹きつけられ、日頃の羊毛フェルトの世界から 心はすっかりワープしてしまうのですが、今日は共存です。

フレッシュリーフやドライリーフから命をいただき フレッシュペタルやドライペタルから素肌への活力として これからの暑さに向かう準備を 少しずつ始めています。

 

私の家の庭先のハーブは、強健モノばかり…。

ノンビリした気持ちで 植物と向き合う時、

都会の喧騒を忘れ 心を豊かにしてくれる

楽しみの一つです。

 

 

植物が生み出す香り(ハーブ、精油)も、
羊毛(羊)と同じように、命を育む大地の影響を受け、
力強さに満ちた自然界の恵みです。
その二つのパワーを活かして、季節の光や風の移ろう生活空間に香りを飾る……その醍醐味は たまらなく魅力的です。ま

 

 

 

そこに満月と新月のジンクスを添えて…一期一会の彩色香。

満月に摘んだ (ドライ)ハーブ…色が鮮やかに残るチャイブ…ミント、ヨモギ、ドクダミ草…

 新月に摘んだフレッシュハーブ…オリーブは小さなお花を沢山つけて、チャイブ、ドクダミ草ローズマリー…。

 

抱えるように 羊毛フェルトで作った シンプルな 花フェルトフェアリー とともに 飾ってみました。

 

ちほるの部屋