こんにちは ちほるです。
残暑の厳しさに ちょっぴり感謝して、秋の庭先での フェルティング作業をしています。
羊毛を縮絨(縮め)させて 大き目の布地を作る事に意識を向けると室内では 限界があり、
天候や気温に左右されてしまう難点はありますが、

生地をデザインすると言う意味での醍醐味が広がります。 目の前に広がるのは 未だ ふわふわの羊毛です。
上空の微か遠くに聞こえる飛行機通過の音に耳を傾け=直後に風が来る→羊毛が浮いたり、飛んだりする。それを防ぎながら手作りの石けんで 優しく撫でるように縮めていきます。
フエルト生地の完成度を決める大切な場面です。
丁寧に、冷静に…
愛情を込めて 仕上げていきます。
(和田 千穂瑠)